アトケアプロ,口コミ

ステロイド外用薬について

 

アトピー性皮膚炎がお悩みで病院に行くと処方される「ステロイド外用薬」。

 

ステロイド外用薬は免疫反応を抑える働きがあります。「ステロイド外用薬は怖い」と考えて、「なるべく少なく、短い間だけ使おう」と考える人多いかと思いますが、中途半端に使うとかえって症状を悪化させたり長引かせたりすることがあります。医師に処方されたステロイド外用薬は、指示通りに必要な量を必要な期間、必要な部位に使い続けることが最も大切になります。

 

 

ステロイド外用薬の種類

ステロイド外用薬は、その炎症を抑える強さから5段階(強い順にストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム(マイルド)、ウィーク)に分類されます。症状が重いほど強いステロイド外用薬を使います。

 

 

ステロイド外用薬の副作用について

飲み薬と違って、皮膚に塗るステロイド外用薬の場合はほぼ塗った場所だけに作用が働くので、副作用は最小限にとどまります。

 

担当医師の指示通りに使用していれば、一時的に副作用が起こったとしてもそれがずっと続く可能性は低いと考えられています。ただし、長期使用により皮膚が薄く弱くなったり、血管が網の目状に見えたりなどの症状が現れる可能性がありますので、必ず医師の指示通りに使用して、皮膚に何か気になる症状が現れたら、すぐに担当医師に相談するようにしてください。

 

 

>>アトケアプロはほんとに効果あり??|TOPページ<<